読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LINEマンガとの攻防戦が終わらない

もうね、毎日LINEマンガ読んでるわけ。

GW中もずっと読んでた。どこも行ってない。全然経済回してない。

先にいっておく、私かわいそうなんかじゃないから!!!

 

だって丸々1冊無料なんだよ!?すごくない?暇つぶしにうってつけすぎる。

 

 

しかも一度DLしとけば電波なくてもサクサク読めるので、

家のwifiで大量にDLし、外でガンガン読んでいる。

なんなら二―トの家の漫画読みつくしたから、わざわざ二―トんち行って一人で黙々と読んでる。

 

 

元々漫画は大好きだ。

なんでも読む。初めて買ってもらった漫画は、天才バカボン。次に買ってもらったのが神風怪盗ジャンヌ

なんでも読んでるの、これでわかったでしょ。

 

そんでまたLINE漫画のラインナップがたまらないわけ。

懐かしいものから最近気になってたものまであるわけ。

あとは、どちらでもないけどなんか気になったやつ読んでみて面白かったりすると嬉しいわけ。なんでも読めるのよ。本当に。

 

しかもアマチュアの漫画とかも読めんのよ!!

なんだよこれ新しいじゃん!LINEからデビューする漫画家オモチロイじゃん!いろんな意味で作者に話聞いてみたいわって感じだ。

もうジャンプやリボンで華々しくデビューしなくたって、いいのだ。きっと。

ネットで売れれば、紙の本にだってなるだろう。

 

 

そんな私の愛するLINE漫画。

唯一の弱点は、続きが読めないこと。

 

 

 

ねー続きね。読みたいよね。

うわーーってなるとこで終わらせてさ、課金させんだよね。

そのやり方が正しい!そりゃみんな課金すんだろうよ!!

 

でも私はしません!!!!

 

 

やっぱり私はどこか若者の感覚になりきれず、

「インターネットはすごい。無料でなんでもできるし、見れるし、聴ける。」の発想が抜けない。

ネット上のものにお金を払うことに抵抗があるのかもしれない。

 

 

 

LINE漫画だって、

 

「え!ここまで無料だったのに一気に1400円もしちゃうの!?」

 

って、そのギャップについていけないから買わないのだ。

 

400円の価値の続きがそこにあるのだろうし、

本当奴らはとんでもないところまで無料で読ませて、あとは金持ちだけお読み下さいなんて言い出すのだ。お上手すぎ。いやそれは作者がすごいのか。

 

誰がすごいかはさておき、私はインターネットに400円かけて情報を取得するという価値感を持ち合わせてないので、

続き気になるなーーで、そのまま終わってしまう。

 

最近はその癖が著しく顕著に出てきており、

どんな物語もまあいいかと思ってしまうようになった。

よくない。確実によくない。

もう昔のように、続きが気になってジャンプ読みに日曜の夜に家を飛び出してコンビニに向かったりだとか、

死ぬ物狂いで走って帰ってドラマ見るとか、

深夜アニメが録画できてなくて大泣きして学校休んだりとか、

友達が全巻持ってるのに、家帰って読みたくなって全巻買っちゃったりとか

朝までPGGやってエンディング見て号泣するとか、

なんかそういうこと、もう一切できない。

 

そういうテンションが無くなってしまったことが、すごく悲しいし、

夢ないオバサンになっちまったなーーと思う。

 

 

全てLINE漫画のせいにしたいところだが、

もう私の心がピーターパンではなくなってしまったのだ。

 

 

じゃあ今一体なににお熱なんだいオバサン!と聞かれれば、

私が即答できるのは、続きが気になるLINE漫画です。と即答します。

 

 

レベルがまた1つ若い頃より下がっていくなあ、、