お酒を飲んだら蕁麻疹が出たのだが

女子会に呼ばれたので嬉しくてのこのこと参加した。
 
 
 
悪口をツマミにしこたま飲んでいたら蕁麻疹が顔から下の全身に出てきてしまい、
しかもなんかカユいの。んで掻くと更に赤くなんのよね。
やはりこれは参加すべきでなかったのか、、、と勝手に落ち込んだ。
そのまだら模様はすさまじく気持ち悪い形相できっと
 
 
「おめーが女子会なんで出てんじゃねえ!調子のんな!天罰じゃ!!」
 
 
と言っていたはずだが、
酔いのおかげでほぼシカトして飲み続けてしまった。
多分他の女子たちは私の蕁麻疹に気がついてもおらず、
 
 
 
今シラフで思い出すと、ゾゾゾと鳥肌が立つようなすさまじい赤のまだら模様であった。
 
 
帰り道、それは顔にまで侵食し始め、
翌朝、全身のやつらは綺麗に消えたが、なぜかおでこだけが真っ赤であった。
 
 
 
 
んでなんで飲酒したら蕁麻疹でんのよ。きめえよ。
 
 
 
 
 
調べてみたらどうやら普通にお酒が弱いとか、急速な二日酔い状態に近い人に出やすいとのことだった。
 
 
そうなんだよお酒弱いんだよ。好きなんだけど弱いんだよ。
んでお酒弱い人って今後強くなれないとかいうじゃん。

 

 

 

それなんかもうお酒強い人ずりーーーな!!!!?
 
 
 
 
私今後お酒飲むとき毎回蕁麻疹のこと思い出しちゃうもん。
んでちょっとビビっちゃうもん。どうしよ。やべえ。弱すぎ。雑魚。
 
 
この年になってお酒弱くてもなんも可愛いとかないしな!!
「ノリわりーな」とか思われるのが関の山。
 
 
くそう。こうしちゃおれん。
大学生ぶりにグーグル大先生に、お酒は強くなれるのか再度問いてみた。
 
 
 
 
 
「空腹で飲まない」
それは酔わない方法じゃん。
「家で必ず毎日飲む」
訓練しろってこと?慣れれば強くなるの?
「同じ量の水を飲む」
いやだからそれ酔わない方法じゃんってば。
 
 
 
 
 
「アルコールに対して体は変わりません」
 
 
ほら!!!!やっぱり!!!!!
 
 
 
なんだかんだこの回答待ってた。
だって今もし変わるとか言われたら大学生の時に満足な回答を得られなかった私が不憫だし。
 
 
 
でももしかしたら毎回顔が赤くなるのももしかして蕁麻疹みたいなものなのかと思えてきた。
 
 
 
 
 
これは長い戦いになりそうだ、、。