読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画鑑賞中の尿意はどうしたら良いのか

 
 
特に見たい!と思っていたわけではなく、友人が無料券があるので、と言うのでまんまと釣られて行ってきたわけだ。
 
 
思わず顔を背けてしまう暴力シーンばかりだし、
柳楽くんはただのキチガイだし、
菅田くんはだたの愚かもののバカで、
常に血生臭いこの映画は過激度はすごくて面白かったけど、
それ以外はなんにもないかなってのが正直な感想。
で、結局これ、なんなわけ?って感じ。いや、面白いんだけどね。過激なシーンは。
 
 
 
 
んなことより映画中の尿意ってどうしたら良いの?
 
 
 
仕事終わりにお腹ぺこぺこだし疲労困憊のまま行って、
ポテトとアイスコーヒーだけ買って劇場に飛び込んだわけ。
 
最初はあまりの過激シーンに震えたよ。
次はどうなっちゃうんだろうっておびえたよ。
 
 
でもさ途中からコーヒーの利尿作用がブイブイ言ってんのよ。
もうそうなっちゃうと柳楽くんへの恐怖とかないから。
漏らすかもしれない恐怖しかないから。
おい、笑ってんじゃねえぞ菅田。
小松菜奈はどっから見たって可愛い。
 
 
でもね映画の最中に寝たり携帯みたりするの大嫌いなのよ。
集中しろよ!!って思うの。
んでエンドロールも最後まで見たいの。そこまでひっくるめて映画と思ってるから。
そんな私が映画中にトイレだと!!??
 
 
 
って思って最初は我慢したわけ。
いいのいいの、膀胱炎になったって。泌尿器科には前にもお世話になったし。
だいたい映画の最中に出るとかありえないから!みたいな。
みんなの気が散っちゃう!!
 
 
 
 
でもさ完全に映画がまだまだ中盤なの。どう考えたってこっから盛り上がるの。
もう膀胱炎とかそういう問題ではない。漏らす。このままじゃ。
 
体制を変えてごまかしとかきくようなレベルじゃなくなり、
幸い端から二番目の席だったので、いつ行こう、いつ行くのが正解なんだ、いや、行くの?の自問自答ばかり。
結局映画どころではない!
 
 
ついに手汗が尋常じゃないくらい出始め、手のひらがびちょびちょになった。
おしっこが行く先を失い、ついに手から出てきちゃったんだなと思った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「スミマセン」
 
 
 
 
 
 
私は隣に座っていたオバチャンとスクリーンで血しぶきを上げるベイビーズたちと気が散ったかもしれない周りの方々に謝罪の意を小声で述べたあと、トイレに向かって低姿勢で駆け出した。
スタタタタ、、、私の走り去る足音はまるで忍者のようだったと後に友人は語る。
 
 
 
半分くらい泣きながらおしっこをした。
別に尿道がしみたわけじゃない。
これは女の悔し泣きだ。
 
 
私はどうすれば良かったんだ。
コーヒーを頼んだのがそもそも失敗だったのか?
膀胱を拡張させる方法はないのか?
色々考えたけどもうどうしようもなかった。
早く戻りたいのにおしっこの量がこれまたすごくて全然時間がかかって泣けた。
 
 
忍者のスタタタ小走りで席に戻ると、さっきのシーンはまだ続いており、
私が泣きながらおしっこをしている間も
ベイビーズは狂ったように誰かを殴り続けていたらしい。
 
 
 
ベイビーズよ、私を待っていてくれてありがとう。
隣の人、ごめんなさい。
次からは万全の態勢で映画鑑賞に臨みます。