充実とはなにか

学生のうちにいろんなところに行っていろんなもの見て来いという大人がよくいるが、(最近の若者はという大人ぐらいよくいる)
その大半の理由は「社会人になると時間がないから」だ。
 
 
その理論で良いのなら私はこう言いたい。
 
 
社会人になると時間がないから今のうちにゴロゴロしとけ。
それかゴロゴロできる大人になれ。
 
 
間違いない。これは間違いない。ゴロゴロしたい。死ぬほどゴロゴロしたい。
目覚ましかけないで好きに寝ていたい。
ゴロゴロして、ゲームして、漫画読んで、何も生産しないで来る日も来る日も暇だーーとか言いたい。
 
 
いろんなところはまだしも、
社会人になっても色んなものは見れるから。良いものか悪いものかは別として。
見聞は絶対広がるから。
 
で、人がしてない経験しろとかいうけど、別にありがちな経験だっていいじゃん。
なんなら共感とか得た時にゃ絶対交えないだろうなーみたいな人と仲良くなれちゃったりして。
 
 
 
あれだろ?稀な経験なんて、ドヤ顔で話せるくらいだろ?
それっきりだろ?気持ちよくなってんの自分だけなパターンだろ?
 
 
 
人は共感を求めているのだよ。
漫画や映画だって、突飛なものもそりゃ面白いけど、
自分と重ねられるキャラクターがいたりすると一気に入り込めたり、
作品愛とか出てきたりすんじゃん。
 
 
 
 
 
 
 
そんなことより、充実とは何か。
 
 
 
私から言わせてもらえば家でだらだらゴロゴロする日々こそ贅沢であり充実だ。
これを充実だと呼べない人は全員ワーカホリック。頭おかしい。意識高すぎ。
むしろそんな人いんの?怖いわ。
 
 
ちなみにうちのニートはゴロゴロしていない。
どろどろしている。泥のように眠り、泥のように机に張り付いて思い立ったら勉強したりしている。
充実とは何か!
充実とはなんなのだ!!
 
 
 
われ先に自宅に帰還し、ゴロゴロするしか道のない厳しい日々を虐げられている社会人に幸あれ!私のことだ!
そしてこの気持ちは共感を呼ぶであろう!!
 
 
 
 
そう期待したい。