ゲームなのに現実に寄せようとしてるのに違和感があるのって私だけですか?

ポケモンGOブームが世間ではなんとなくもう過去のものになりつつある。
 
 
私は未だに毎日やっているので、
ポケモンGOがアップデートをしまくっているのも知っている。
この前なんてハロウィン仕様になってたのに、全然バズってなくない?
ユーザーをグリップできるような努力はわかるんだけどさ、まあ飽きる人は飽きるよね。
だってこれが妖怪ウォッチだったら私だって絶対もうやってないもん。
愛着の無いキャラクターが道端出てきても面白くないわ。
 
 
でもさ本当最近は惰性なわけ。わくわくしないわけ。
タマゴをかえらせるためにやってるわけ。
毎日同じ通勤ルートだから同じポケモンしか出てこないし、
かと行ってせっかく遠出してまでポケモンGOやんのかって言ったらやらないし。
 
 
 
 
 
可愛いポケモン全然出てこないし。
 
 
 
そう、みんな可愛くない。カイロス出すぎ。あとポッポ。
あとハロウィンの時のカラカラ。
みんな茶色い。もっとポップな色にしてよ。
もっとファンシーなのいてよ。虫も鳥もそのへんにいんだよ。普通に。ナマモノが。
カイロスとポッポて。ここはマサラタウンなのかセキチクシティなのかどっちなんだよ。
もっと可愛いのだせよ。レアとかいいから、頼むよ。
 
あとこれのせいで充電なくなるのも速度通信制限かかるのが早いんだよ。
ふざけんなよまじで。日本もっとwifi駆け巡らせろよ。
東京オリンピックはまずそっから整備しろよ。
この時点で先進国じゃねーよ!
 
 
 
 
ていうかあれだよね、
ゲームなのに現実に寄せようとしてるのに違和感があるのって私だけ?
FFとかもうあれ実写でいいじゃん。
ホラーゲームだって怖すぎるよあんなの!
結局みんなリアルな世界でわくわくしたいのね。
 
 
IKEAが楽しいのだって、インテリアや部屋そのものの【空間】を楽しみたいからだし、
リアル脱出ゲームだってそうだし、
ディズニーランドや海旅行へ行く人が減らないのだって
現実がまるで別の世界に行ったみたいな錯覚が楽しいんだもの。
ゲームじゃ勝てないよそりゃ。
芸能人に騒ぐのだってテレビの向こうの非現実がいきなり現実に現れたら、
そりゃそこまで好きじゃなくても騒ぐよね。別世界のものがこっちに来てたら。
 
ポケモンGOって、急に芸能人が出てくる感覚と似てない?
最初はすっごい興奮するんだけど、毎日来られると麻痺してくる。

 
 
ゲームは現実の面白コンテンツには勝てない、というかフィールドが違うし、
思いっきり非現実を楽しむための、
ある意味で現実からの逃避に近いものだったはずなのに、
ポケモンGOとかVRとか、よりリアルを求めてるのがなんだかね、不思議だよね。
同じフィールドきちゃうの!?みたいな。
むしろ現実では絶対勝てないような、8ビットがあたしゃ大好きなのに、、
 
私は現実逃避のためにゲームしてたはずなのに、
もう現実から逃避できてないことに気付いたら、
なんだか悲しくなってきたから、
自分史懐古主義を爆発させて昔のゲームばっかりしてる。
任天堂よありがとう。
初代ポケモンもMOTHERも最高です。

電車内でエロ本を読むのはアリかナシか

朝、電車の中で隣に立っている低身長の女性が、堂々とエロ漫画読んでた。
 
 
多分女性向けのもののようなのだが、
低身長が故にスマホの画面なんてモロ見えだし、
なんにせよ通勤ラッシュの中でそれを読むその堂々たる性欲と
羞恥心の無さに恐怖を感じた。
自分は女性だから許されると思ってるのか?
でも女性でも全然アウトだから。マジで。全然無しだから。
いや、そんなの個人の自由だからアリなのか?
人によって許容できるものの範囲は違うしなあ、、
 でも朝の通勤ラッシュのテンションでああ言ったものが目に飛び込んできた時の
全然すぐに脳が処理できてない感じね。すごいよね。
なにこれ?ってまじまじ見ちゃったもんね。
エロ漫画だって気づくまで数秒かかったからね。
 
 
その電車の女性が食べ物の写真を眺めてるだけなら、なんとも思わない。
上質な睡眠についての記事を読んでるなら、なんなら私だって興味ある。
乗車している人の中に寝ている人はとても多いし、
なんなら車内でおにぎりとか食べてる人もたまにいるよね。
その中で、性欲。なんで同じ三大欲求のくくりなのに、
こんな群を抜いて一気にヤバい空気出ちゃうの。
 
つーかむしろその時点で三大欲求って性欲入れないほうがよくない
完全に性欲だけ売り場っつーかジャンルが違くない?
本能とか言うけどだったらいっそ物欲とかの方がよくない?
性欲なんかより人間全員持ってるでしょ。
 
 
そして車内でそれを読んでいる女性は、
それが隣や後ろなど自分を囲む人たちに見えていることも
嫌悪感を抱かれがちな行為であることも多分わかっていないし、
全くその羞恥心が感じれらなかったのがね、ちょっと怖かったよね。
 
人は、コミュニケーションが取れない相手が驚怖の対象となるとか。
あの人はどんな気持ちで読んでいたのかなあ〜
まさか見えてないだろうって感覚ならまだしも、
羞恥プレイ感覚だったら、、とかね、考えちゃうよね?え?だよね??
 
 
それかこの嫌悪感はあれか、車内でお化粧される感覚と同じなのだろうか。
あれはパーソナルスペースの侵略とか言われるよね。
自分の空間までも、その人が勝手に使う気がして嫌な気持ちになるっているやつ。
 
あの瞬間は完全にあの空間は私のじゃなかった。エロ本読んでるあの女性の空間に、
間違えて私が入っちゃったみたいだった。ずるい。
「ねーちゃんノックくらいしてくれよ!!」の直前の空気。
弟に気付かれる前。その直前の一瞬。
(弟くん、なんか変な本読んでる、、、?)みたいなねーちゃんの気持ち。
なんでここでこっちが謎の罪悪感持たにゃならんのだ。
 
どっちにしろパーソナルスペース的にもホスピタリティ的にも
朝の通勤ラッシュのテンション的にも完全に無し判断したいと思います。
 
 
まあおそ松さんのBL読み始めたあたりから私もいろんな意味で隣で釘付けだったんだけどね。
年末特番だってね!おそ松狂いのみんな!やったね!私たち氷河期を生き延びたね!!

結婚式の帰り道って夜風が目に沁みませんか

周りが駆け込むように結婚していく。
 
 
そのうち一人の子が、遠距離恋愛の末、別居婚だそうで。
お互い結婚しても、お互いそのままの場所で暮らすらしい。
婚姻届は全て郵送でやり取りをし、彼女一人で役所に提出。
一緒にいれないのに結婚てドユコト!?
 
 
もうさ、愛の物語かたりつくせないでしょそれ。
もう結婚式の再現VTRとか3時間以上にわたる大作でしょ。
んでどうせ私泣くんでしょ。3万払って泣くんでしょ。髪までセットしてもらって
ドレス着て泣くんでしょ。めでてえなあ、私って!
 
そんなんだったらズタボロの部屋着でTSUTAYAで500円払って
時をかける少女観て泣くわ。あれは間違いなくいつ見ても泣く。
3万の涙も500円の涙も温かさは一緒だからな!!!
 
 
 
てなわけで日頃より友人たちからそんな素敵な刺激をいただいている。
 
 
まずその結婚していく友人たち。心の底からめでたい。よすぎる。
指輪とか。エピソードとか。家族の絆とか。
なんか一生手に入らない気がしてきてもはや無いものねだりに近い
 
 
そして一緒に結婚式に参列している私の仲間たち。
もはや仲間というよりも、「戦士たち」。
花嫁とかいうくらいだ、花と化した友人が
美しさも幸せも咲きまくっている姿を見て、
 
 
「キレー」「泣ける」
 
 
を散々言い放つ。
ひとしきり言い終わるとその次の言葉はだいたい、
「いいなあ」「いつ結婚できるんだろ」「私たちも歳とったよね」「震えがとまらない」
この4フレーズだ。
 
最初は面白い。まだ余裕ある。お酒もまわってゲラゲラわらう。
はっきりと「結婚したい」とは言わない。上記の4フレーズをとにかく言う。
この前まじで披露宴中ずっとトリハダが止まらなくなっている友人がいて
2016年の下半期で今のところ一番わらった。 
 
 
 
んで本当にずっしりくるのは帰り道である。
 
「キレーだったよね」「泣けたよね」
 
 
本日の感想を述べる。
そして最終的には自分たちの話へ。今度は一切笑い無しのマジトーンだ。
まだ戦士だから。戦いは終わってないから。
 
 
「これからどうなるんだろう、、」
 
 
夜風が目にしみちゃう。
この間まで共に闘った戦士だったあの子は今日花になっちゃったし
もう前みたいには遊んでくれない。2日に渡って戦みたいに飲んだりできない
 
 
でも開き直って
「みんなで結婚しないでずっと遊んでようね!」なんて言うやつもいない。
だって今日はっきりと羨ましかったし、
結局私たちって「結婚したい」って能動的に言わないくせに、
しかも戦士たちって仲間意識を作っているくせに、
本当はここから抜け出す気マンマンなのだ。
だって軒並みみんな結婚するじゃん。
そんでみんな幸せそうじゃん。
結婚は墓場だなんてよく言うよ。
じゃあなんで未だにこの時代でもみんな結婚すんのよ。
良いモンだからに決まってんでしょうよ!!!!!
 
 
てなことは絶対口にすることなく、
 
「どうなるかはわかんないけどさ」
「でも今も十分楽しいよねあたしたち☆」
 
 
 
ってなテンションで、秋の夜長、
戦士たちはせっかく着飾った服をよれよれにしながら夜通し酒を飲むのであった。
 
 
まだ、11月。結婚式シーズン。戦士たちの秋は長い。

お給料はどこへ消えていったのか

物欲が全くと言っていいほどにない。
 
 
大学生の頃までは物欲にまみれていた。
お小遣いも貰っていたから、バイト代は全部そこにつぎ込めた。
とは言っても単価の安いものばかりだったが。
漫画とか馬鹿みたいに買った。いらないものまで買った。
安い服も平気でたくさん買った。数回しか着なかったものもある。
 
 
今は、ユニクロですら躊躇するレベルだ。GUでギリ。
本も、父の書斎の本を読むことでお金をかけずに楽しんでいる。
人生で一番大きい買い物は13万円で買ったMacだ。
 
 
社会人になりもちろんお小遣いはもらえず、単純にお給料が安いことと、
歳をとってなんとなく「なんか目的はないけど貯金はしとこ」
みたいな発想が、徐々に私をケチにしていると見込んでいたのだが
あるときからぱったりと貯金ができなくなっていた。全く増えない。減っていく一方。
独身で実家でケチなのに貯金無いってやばすぎない??
 
それに気がついた時はクエスチョンしかなかった。
なんで?何も買ってないのに??
なんで減ってんの?は???誰か私の財布から抜いてる?とか思いつつ、
この真相を知るべく、1ヶ月間お小遣い帳をつけてみた。
毎日使ったお金をただ記録していくだけのアプリ。
お小遣い帳をつけてみたら、なんてこたあない、ただの「膨大な食費」であった。
 
 
たまに行く飲み代、ランチ代、休日のちょっと贅沢なコーヒーなんかが積もり
一ヶ月分のお給料をほぼ1ヶ月で使いきっていた。まじか。
しかも普段は実家でご飯食べてるくせに。
 
 
その月は食費+交通費と美容院代で完全に赤字。
なにも買ってないのに。服も化粧品も本すらも。なにも手に残るものを買ってないのだ。
しかもそこから携帯代とか保険料とかも更にひかれていくのだ。
見事に大赤字だ。
ちょっとびっくりして数分動けなかった。
 
 
気がつかないうちに、ちびちびと貯めた貯金を
知らないうちに、使いこんでいたのである。しかもほぼ食費で。
 
 
要は最も満たしたい欲が物欲だったのが、
そのまま食欲に転換されていただけだったのだ。
そう考えると、物欲よりも食欲の方が私には合っているかもしれない。
私にとっての物欲の幸福は、食欲と同じくらい早く消えてしまうから。
 
 
そう考えると私はすごくコスパが悪い気がしてきた。
何をしても一時的な満足感しか得られないなんて、我ながら残念な奴だ。
普通は一生懸命お金を貯めて「一生つかうもん!」みたいなセリフをはきながら
ブランドものを買って
「眺めてるだけで最高、、、(恍惚)」みたいになるんだろうけど、
まじでなかった。Macはちょっと眺めたけど、すぐ手垢まみれになったし、
今では妹も使っている有様だ。
逆に食欲満たされるだけでいいならもっとお金貯まってもいいはずだ。
 
 
 
今寝付きについてものすごく興味があるのだが、
同時に貯金についても学んでいかなければ、、、
つーか一人暮らしの人とかどうやって生活してんの?
家賃払って食費と光熱費までどうやって払ってんの?
絶対副業してんでしょみんな!!なんか方法があるんでしょ!!教えてくれよ!!!

寝つきを良くするにはどうしたらいいのか

寝つきが昔から悪い。
 
 
保育園の時も、お昼寝なんてできなかった。
相当疲労困憊していないと、一瞬で眠りにつく事はほぼできず、
毎日だいたいよし!眠るぞ!!と意気込んで、電気を消してからが結構長い。
ゆえに、授業中とかに眠れたためしがない。
移動中も勿論眠れない。新幹線も眠れない。車も。飛行機も。
長時間の移動の、しかも帰りの時だけ、ほんの数時間眠れるくらい
一年間を通して、梅雨時だけはなぜかこんこんと眠り、
それ以外は全て寝付けない夜を過ごしている。
 
 
要は、平たいところでふかふかで静かで真っ暗である事が
そもそもの大前提であり、
そこから更に眠気を待たなければならないのだ。
 
いやあれよ、終始バッキバキに目覚めてるわけではないのよ。
授業中だって勿論眠たかったし、朝の電車だって眠れてたらどんなに楽か。
でもね、眠れないの。
だから正直どこででもすぐに眠れるって、かなり羨ましい。
寝付けないだけで、睡眠はしっかりとらないとやっぱりだめだから
他の人よりもベッドに入ってる時間は長いと思う。
 
 
 
たまに一瞬で眠りにつけるのび太みたいな奴いるけどなんなの?
羨ましさしかない。
 
 
 
お酒でも飲みなよなんて言われるけど、逆に興奮してて眠れない。
しかもお酒のあとにコーヒー飲んでスッキリしたくなるので毎回〆はコーヒーなのだが、
そのカフェインが原因じゃね?という事で
1日2~3杯は飲んでいるコーヒーを絶ってみた。2日間だけ。
2晩とも全然寝付けなかった。なんで。
 
 
 
オール明けもなんか眠気とか通り越してて中々寝付けない。
そして今も全く眠たくない。
スマホとか見るなとかよく言うけど、無理じゃない?
その方法は最終奥義としてとっておこうと思う。
 
んで瞑想が良いみたいなのを聞いたわけ。
眠れない時に羊を数えるっていうのも、瞑想状態に近付けるかららしい。
一番簡単に瞑想に入れる方法は、「火を見てぼーっとすること」なのだそうだ。
なるほど確かにローソクやキャンプファイアーを見ると
ボ〜〜〜〜っとしてしまうし、なんか時間の流れも意識しなくなるので
頭の中が忙しくなることがない。
眠る前のアロマキャンドルもただのお洒落だけではないようだ。
 
 
というわけでよく眠れると噂のあれこれをとにかく試してみることにする!
毎日体調は違うけど!
毎日疲労度も違うけど!
毎日眠る時間違うけど!
だから何が効果的とか測りづらいけど!
 
すっと眠りにつけるその日まで、戦ってみることとする。
 
 
そして前に書いたように、睡眠漫画があれば食らいつく。

 

chaban-kiki.hatenablog.com

 

誰か描いてください、、

いやむしろそれか私が描けば、、、いや、画力に問題がある、、、

どうしたらいいんだ、、

ああ、、また目が冴えてしまった、、、

尾てい骨の脆さ。尻を守る気はあるのか

通勤中に急に土砂降りになったので、
走って会社に向かっていたら、ネタみたいに尻から転んだ。
 
 
スッテーン!と両足が浮き、視界にその醜い両足が入った時、
「あーーーー」と思っているうちにそのままズンと落ちた。
尻が私の全体重を受け止めた。
イヤホンからは東京事変の閃光少女が流れており、
 
 
 
「焼きついてよ 一瞬の光で」
 
 
 
 
と歌っていた。
 
うごうごとそこから立ち上がり、
バッチリ”焼きついた”鈍痛は中々去らず、1分ほどその場で雨に降られながら痛みが去るのを待った。
大通りだったにも関わらず私に声をかけるものは誰一人いなかったよ、、
恐ろしいぜ都会ってのはよお、、、
 
 
 
とりあえず会社に向かったのだが、
何をしても痛みがひどく、座っているだけでも
「うあ、、あ、、、うおん、、」と唸っていたら
頼むから静かにするか病院に行ってくれと叱られたので、
痛い尻に両手をあてながらのそのそと病院に向かった。
成金ぽいじいさん医者が私の悲痛を聞くと、速攻でレントゲン室に案内された。
 
 
レントゲンを担当するオバチャンは新人さんばりにあたふたしており、
最も手際がよかったのは、最初の
「じゃあ下半身は下着だけになってくださいね」
と言ったことだけだった。
その後パンイチで15分ほど放置され、
最終的に新人オバチャンが連れてきた重鎮オバチャンに
「まずはタオルかけてあげてっ」とバスタオルを下半身にかけられ
無事に私の骨盤やら尾てい骨やら恥骨などは撮影された。
 
 
成金先生はとにかく私の尾てい骨が綺麗だと褒め称えて、
しっかりこの骨を守ってやれと言われた。
尾てい骨は折れやすいのだそうだ。
じゃあもっと尻の上の方に肉を集めてくれよ。
なんだって私の尻はこんなに下へ下へと肉が垂れてんだよ。
尾てい骨守れよ。むしろ尾てい骨ももっと強くなれよ。
何が折れやすいだよ。じゃあ軟骨くらいに柔軟になってみろよ。
 
 
あとなんか絶対レントゲンに腸の中の便も写ってた気がする。
違うとしたらあの黒いナマコみたいなのってなんなの。怖すぎ。
 
 
結局私の尾てい骨には一切のヒビすらなく、ただの打撲であったらしい。
 
ただ筋肉の束がのびてるだかなんだかで湿布を大量に買わされた。
その湿布の一枚を、新人のオバチャンが貼ってくれた。
尻の割れ目に差し掛かるところはきちんと切れ目をいれて
完全なるフィットを実現させてくれたので、
さっきのパンイチ放置プレイは許すことにした。
 
 
全部で7000円もした。労災は恥ずかしくて出せなかった。
これが本当の自爆。自爆テロ。私はテロリスト。
尻が痛すぎるテロリスト。
いつ治んの、、、、これ、、、、

グルメ漫画から睡眠漫画へ向かおうではないか

いわゆる、”食"に焦点をあてた、グルメ漫画にはまっている。
 
そのブームがきたのはずいぶんと前だが、
今更でもブームに乗っかることができるほどに、
沢山のグルメ漫画が未だに絶賛連載中である。
いや、もうブームとかじゃなくてジャンルとして完全に確立されたと思う。
結構色々読んでいるとその中にはいくつか種類があって、
 
 
□1つの料理にこだわる(お弁当だけ、とか、ラーメンだけ、スイーツだけ、とか)
□様々なお店のものを食べる
□自身で調理して自分で食べる
□調理する人と食べる人がいる
 
 
 
これ以外にもグルメ漫画は本当に多種多様なのだが、
まあだいたいこの4つに分けられるかなあと思う。
 
特に私が好きなのは、自身で調理して自身で食べるというもので、
これの良さというのは、とりあえず主人公になりきってしまえば、
【様々な未体験をあたかも経験したような錯覚】に陥れるからだと思っている。
 
 
こういった類の漫画って、基本的にどこまで自分と重ねられるかがすごく大事で、
結局はまあ疑似体験が脳内でできれば成功みたいなもんだ。
だから自分に重ねられるものや、世界観が入りやすいものを好む。
そのせいか私は女性が主人公の漫画ばっかり読んでいる。
グルメ漫画なんかも漏れなく女性が主人公のものばかり選んでしまう。
 
 
かと言ってじゃあ私がグルメかって言ったら、
そりゃ美味しいものは大好きだけれど、実家のご飯が一番好きだし
高いものを食べてがっかりすることも多いので、
結局のところあまり冒険することがない。だからグルメではない。
 
 
そして一番致命的なのが、私は調理を一切しない。
 
 
なのだが、なぜだろう、このまるで私がすごく料理ができちゃうという錯覚は!!!
恐ろしいほどに良い手際で私が調理し、美味しいものを食べたような、気がする。
無料で。
 
 
そう、無料で。
 
無料で3大欲求の1つである食欲に関して、
ここまで脳内だけで満たされるって今までのコンテンツとしてなかったよね。
グルメ漫画が先かはわからないけど、「グレーテルのかまど」とかもオモチロイもん。
やっぱ従来の料理番組である、サクサク作るだけ、とかよりも
物語性があって共感や感情移入があると違って見える。
料理をしない私でも自分ゴトに早変わりだ。
 
 
 
だから3大欲求のうちの【睡眠】もどうにか面白コンテンツにできると思うの。
だってエロも食もここまで色々展開されて受け入れられて消費されてるんだから、
睡眠ももっとなんかできるはず!
そして性欲・食欲と違うのは
お金を払って「満たされる」ということが無いこと。
その分満たすのがすごく難しいし、正解も無いし、
「質」にこだわるものだと思うので、すごく個人的な話になってくると思うから、
内容によっては感情移入の度合いがすごそう。
 
 
 
個人的にはグルメ漫画みたくマニアックにこのハーブとか香りだと眠れるとか、
シーツの素材とかパジャマの形についてとかそういう漫画が読みたい。
全裸派は果たして本当に睡眠に良いのか!?みたいな話とか入れてさ。
枕とか姿勢とかさ!ネタがつきてきたら夢占いとかさ!!
主人公は不眠気味のOLとかさ!!!ね!!!
 
 
あーこれは売れちゃうな!あーー売れちゃう!!やんべーわ!!!
誰か描いてよーーーー