読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眼科行ったら「肥満ですね」と言われた

最近明らかに視力が落ちた。しかも目をとじるとジーンとしみて、涙がでてくる。
 
 
このまま合わないコンタクトを装着していたら失明する。
目に対して大事にしないといけないという義務感はもはや私の中では宗教がかっており、なおかつコンタクトユーザーのくせに目に入れるレンズというものを圧倒的に信用していない私は急いで眼科に急行した。
 
 
メガネはずいぶん前に二ートに踏まれて折れた。
なんせ奴は二ートなので、弁償うんぬんの話にはならない。メガネは折れたままだ。
 
 
というわけで信用ならないコンタクトレンズを目からはがし、
私は裸眼で眼科へと向かった。まじでかすんでる。
黄砂ハンパねえ日のVR体験のよう。一人架空の黄砂と戦いながら、ついに眼科にたどり着いた。
視力検査、まじで見えなさすぎてドキドキした。これはとんでもない数字を叩き出すと思った。瓶底メガネも近いぞ。
 
 
 
 
「視力ね、落ちてない」
 
 
 
なんだって?
じゃあ私のこの黄砂なんだよ。もしかしてアラサーにして特殊能力かよ。
漫画の主人公の年齢制限はるかに超えてんだよ。
 
 
 
詳しく聞くと、眼精疲労で視力そのものは低下していないものの、
見えにくくなことがあるのだそうだ。
追加事項で私の眼球はドライアイなので余計に霞んで見えるとか。
 
 
一度落ちると戻らないという視力を失っていく恐怖からとかれ、
眼精疲労とドライアイなら治るだろうとホッとしていると、
とりあえずコンタクト禁止令が提示された。
 
メガネをかけろ。そしてブルーライトを防御しろ、と。
 
正直ブルーライトだあ?と思っていたので、本当にあれって効くんですかと問うと、
「たぶん無いよりはまし」みたいな無責任なことを言っていた。
 
 
なんならサングラスかけたら?と言われたが、
さすがに出勤の際にサングラスをかけているところを同僚に見られたら結構気まずいかもしれない。
想像してみた上で、サングラスは却下となった。
 
 
「あとね、あなた眼圧高いよ」
 
 
 
なんだって????
 
あの風がシュッと出てくる機械で眼圧という、眼球の内面からのハリ的なものを測っているらしいのだが、平均値をひょいと飛びぬけて高い結果が出たようだ。
親戚に糖尿病がいるかと聞かれて、いないと答えると、
じゃあ多分あなたは恐らく血糖値高いよ!あと肥満でストレスもたまっているとか散々言われて帰ってきました。
 
 
待ってここ眼科だよね?うそうそ、なんの宣告されてんのこれ??
 
 
帰り道は黄砂じゃなくて、蜃気楼のようなぼやぼやが見えました。
涙とまれとまれとまれとまれとまれとまれとまれとまれ!
 
とまれええええええ~~~~~~~!!!

ダイエットに成功する人は結局どの方法でも成功すると思う

近頃のとある女優の麗しさがもうとんでもないように思えるのだが、
情報通の知り合いから、こんな話を聞いた。
 
 
 
「その女優は時間にしばられず、お腹が本当に空いた時にしか食事をしないらしい」
 
 
 
どうやらお昼だから食べようとか、夜だから食べようという生活をやめて
自分の身体だけに忠実に食事をしているとのこと。
本当に彼女がそれをやってるのかは疑問だが、美容オタク曰く、
今オススメのダイエット法なのだそうだ。
 
 
白米抜きダイエットとか、グルテンフリーダイエットとか、1日1食法とか、
なんかもう食事法だけでも様々なやり方がある今、お腹すくまで食べないというのは、
お腹がすいてさえいればなんでも食べてよいということなので、
はじめやすいなあと思い、私も大女優目指してやってみることにした。
 
 
お腹が鳴るまで何も食べないダイエット、略して
O(おなか)N(なるまで)N(なにも)T(たべない)
ONNTダイエット法がついにキックオフ!!
 
以下、ダイエット戦士の戦いの記録である。
 
 
 
 
まず間食が一切なくなる。だってお腹鳴ったら食事だし、
次お腹が鳴ったときは、また食事なのである。
 
これがね、結構しんどいの。
いかに自分がそこまでの空腹でなくても無意識に食事をしていたことか!
意識していると余計に、「今お昼だけと圧倒的に食事は求めていない」っていうのがわかる。
 
身体に素直になろ!ね!私!
ってな感じで、意識高い自分に酔った戦士。
 
 
しかし、ONNTダイエット法の試合終了のホイッスルは、
3日目の夜というあのことわざの通りの早さで吹かれることとなった。
 
 
その日はいつもの通り、朝はお腹が空かないので抜いていった。
お昼休憩でもお腹は空かず、コーヒーを飲んでいた。
16時、待ちわびたお腹の音。
オフィスでがっつり飯を食べる訳にはいかないので、デスクに隠されているお菓子やらを大量に摂取。ようやくお腹は満たされた。
 
 
夜はまっすぐ自宅に帰ったが、夕方の菓子爆食いのせいで
まったくお腹が鳴る気配は0。
 
夕飯はたいそう美味しそうなカレーであったが、
鳴らぬなら 鳴くまで待とう 胃の音よ
 
と一句詠みつつ、その通り待っていた。
 
なんなら、ちょっとズルをして、お腹がぎゅるぎゅる鳴ればよいことにし、
牛乳を多飲したのだが、うんともすんとも言わない。
 
 
一人でドタバタしているうちに、24時をまわってしまい、
やべえ、「ナチュラルな夜抜きダイエットだ」と自分に感動した。
 
「痩せる未来しか見えない」私はほぼ確信していた。
 
このやり方なら、痩せる以外考えられない!!
 
 
 
 
ただね、食欲はあるわけ。お腹が鳴らないだけで。
お腹はぺこぺこなわけ。まっじで寝付けないわけ。
もうね、眠れないの。食欲が睡眠欲に勝っているの。
頼むから眠くなれ!と思っていた矢先だった。すでに26時頃。
 
 
「ゴキュ~、、ヴヴォ」
 
 
鳴った!!鳴った鳴った!!鳴りました!!!!
今の聞こえた!?みなさん!!聞こえましたか!!!???
 
 
飛び起きた私は台所に急行し、
いつもより多めのカレーにチーズをかけてチンして食べた。
なんなら同じ量をお代わりした。深夜1時半のチーズカレーは美味しすぎる。牛乳をがぶ飲みした。
試合のハイライトは間違いなくここだ。
 
 
完全に後悔の波に飲まれながら、「ガふーーー」と大きなゲップをして、眠った。
 
 
翌朝の顔はパンパンかつギラギラで、胃はすこぶるもたれていた。消化のせいか、数時間前にあれほど待望したギュルギュルという音が体内から漏れていた。
まったくもって意味がないではないか。絶望した。
 
 
多分女優ならお腹が鳴ってても眠れるのだろう。
私ったらどうだ。普段の夜ご飯よりドカ食いしてるではないか。
 
冷静に、完食はなくなったけど空腹の反動がものすごく、通常より食べてます私。満腹中枢がバグったのかな?ええ、失敗です。はい、試合は終了です。
 
 
ていうかダイエットってさ、
それをやったから痩せられるんじゃなくて、
それができる人は痩せられるんだよね。
 
 
あー自分の失敗を糧に名言たたき出したわ~~

駅で盛大に人違いをしたのだが

学生時代、同じ路線を使っていた友人が電車に乗り込んだ矢先、まさに車内にいたので驚いた。

まだこの路線なんだ!そして何年ぶりだろうか!!と一人興奮し、
名前を叫び、肩まで叩いた挙句、違う人だった。 

 

相手はかなり申し訳なさそうな顔をしながら「すいません違います、、」と言った。

あ、消えたいってこういうことか!と思った。

 

 

私は一瞬でパニック状態に陥り、

「ですよね!!!」と何に納得しているのかすら不明な一言を叫んで

隣の車両にすみやかに移動した。

 

 

 

もうね、顔というか耳や首まで真っ赤だったと思うわ。まじで。

ほんと無理だもん。なんで調子乗っちゃったんだろう。

普段だって人の肩叩くとかめったにしないのに。

ていうか似すぎじゃない?なんなの?ドッペルゲンガーっているの

こんな似てる人が近所住んでていいの?死ぬの?死にたいの?

 

死にたいのはこっちだよ!!! 

 

 
 

 

似すぎてて怒りすら覚えた。私悪くない!似すぎてるせい!悪いのそっちだからな!
いつか私の友人と遭遇してびっくりしすぎろ!!びっくりしすぎて二度としゃっくりが止まらなくなれ!!

 

 

 

ていうかなんで最寄り駅でこんなことしちゃったんだろう。
当分行きたくない駅No.1に最寄り駅もってくるって我ながらかなり強気。
境遇はまるで追い詰められたヤンキー。
駅に近寄れないとか完全に駅前のコンビニにたむろしている奴らと視線と視線の戦いよォ、、
 
 
戦が起こらないようにする最善の策は、
まずこちらからはなにもしないことだ。
 
 
 
だから私はもう知り合いを発見したとしてもこちらからは絶対に声をかけたりしない。
もしかしたら私、この世で一番大事なこと、やっと学べたのかもしれない。

4月こそ物欲が爆発する時期ではあるまいか

最近「購入」という行為に走りがちだ。

理由はすごく簡単で、

この3月と4月のはざまに揺れ動く人たちをただただ見ていることしかできない私が、

すぐに目に見える何かを「手に入れた」という実感を体験できるからだ。

 

 

なのでお金を使うという行為は全くもって別ものだ。

旅行や美容院なんて何も面白くない。私は物体が残らないと嫌なのだ。

誰かへのプレゼントも、私には物体が残らないので、除外。

 

 

物体の購入でないと、だめだ。

 

今までは、amazon内のネットサーフィンだけで朝まで過ごしてしまった、であるとか、

ヤフオクに張り付いてる、なんて人たちにまるで共感できなかった。

それが今どうだ、なんの用もなく無意識にamazonを開いている私がいるではないか!

 

これまでも何かを得たという実感を持つことが少なかったが

最近はその傾向が著しく、歳をとればとるほど、達成感や何かを手に入れた、

またひとつ自分がパワーアップしたと思いづらい。

学年や取得単位数などのようなわかりやすいものは、社会人になってからはとんと減ってしまう。

だからこうやって購入という行為に走っているのだ。

私はこれを手に入れた!の実感を買っている。私は選択ができる!!最高!!お金で実感すら買ってる!!!

 

 

あれ、もしかして病んでる!!??

 

 

 
だってさそうじゃん、私今これ手に入れた!ってあんまないじゃん。日常で。
これ手に入れられるくらいにはなった!ってのもないじゃん。
小3のリコーダーとかさ、高校の制服とかさ、携帯とかさ、選挙権とかさ。
ドラクエみたいにはいかないわけ。アイテムもレベルも、もう自己判断なのよ。
年齢を言い訳に手に入らないものなんてないの。
そしたら全部お金なのよ。悲しいけど大人の評価って収入ほぼ一択。
いい家も車も、収入を示唆するだけのもの。
 
 
でも悲しいかな私にそんな収入はないし、
誰かに見せ付けるなにかもないので、
自分で自分に優しく、なにかアイテムを入手させてあげないと!
 
 
テレレッテッテッテー!
 
 
勘違いも甚だしいが、レベルまで上がった気持ちになる、それが物欲を満たすということだ。
 
4月に正月ばりのセールやってくれ!

逆上がりをしに行ってきたのだが

小さい頃にできなかったことができるようになってるのって嬉しいよね。
たとえば、車の運転とか、ピアノでアクターブに手が届くようになったりとか。
 
 
逆パターンは死ぬほど悲しい。
柔軟体操とか、まじ顕著。
 
 
 
逆パターンを初めて経験したのは、
6歳でできるようになった逆上がりが、12歳の時にはもうできなくなった。
小6にして、身体の劣えを痛感したのである。
 
 
12歳の私が鉄棒の前で呆然としてしまって以来行っていない、家から自転車で30分はかかるその公園に行った。
はるかなる時を越えて、私はリベンジマッチを鉄棒に申し入れたのである。
 
 
その鉄棒は、変わらずそこにあったが少し小さくなった気がした。
 
 
手のひらを見つめてから、「うおりゃ」という雄たけびと共に逆上がりしてみた。
やっぱりできなかった。
 
 
 
隣の砂場では子供たちがきゃっきゃと遊んでおり、
それを見守るはずの母親らしき女性が
逆上がりに失敗し落下した私を完全に疑いのまなざしで見守っていた。
 
 
その公園にはポケモンがたくさんいたので、
結局ポケモンをとっ捕まえて、自転車にひらりとまたがり、さっさと帰った。
 
 
ちょっとだけ泣きそうになったのは、
逆上がりをしいてる自体が恥ずかしい年齢になってしまったことと、
失敗して落ちたこと、照れ隠しで薄ら笑いを浮かべたこと、そしてなにより一人きりだったことだ。
 
 
12歳だった私は、アラサーになってからこんな目に遭うなんて思っていなかっただろう。
当時逆上がりができなくなった事実より、はるかにショッキングだ。
休日に一人で公園。ポケモン。変質者扱い。
 
 
 
スマン私!逆上がりだけは一生のコンプレックスになりそうだ!
次は竹馬に挑戦だ!!
待っててね竹馬に乗れなくて泣いちゃった7歳の私!!

ウツとオバケはどっちが怖いか

背中がすこぶる痛い。急に痛い。肩甲骨の、真ん中のところ。

 

 

 

多分最近仕事で溜め込んだストレスがきたか、

霊的なものがついているという2択だろうなと思っている。

 

2択ということはどっちか、ということなのだが、

どっちも同じくらい関係なさそうだけど恐ろしいし嫌だから困っている。

 

霊感は全くないし、信じてもないけれど怖いものは怖いのだ。

 

怖いもの見たさでホラー映画を鑑賞、そして眠る前に激しく後悔。

というのを何度も繰り返しているため、

ふとした時に思い出す怖いシーンの引き出しが我ながら多すぎる。怖すぎる。

 

眠る前に思い出してしまって、これからの睡眠に向けて最悪のコンディションを生み出すことができる妄想と言えば【お布団の中にすでにいる】ってやつだ。

あれはジュオンに出てくるんでしたっけねえ、、?(こわいからカタカナ)

未だに鮮明によみがえるよ、あのシーンは。

すごいよ監督。あなたは一人のアラサー女性に間違いなくトラウマを植えつけてるよ!

 

 

そんな眠る直前に怖いシーンをありありと思い出し、ギンギンに眠れない時は

「ここじゃないよ~!違うよ~!あっちいって~~!」と心の中で唱えて、

なんとなく追っ払ったつもりでいる。

それでも恐怖がぬぐえないときは、

本当に申しわけないのだけど、妄想内で死んだじいさんを召喚し、その怖い奴と戦わせて完全勝利を遂げていただき、ようやく眠れる。

世の中の怖がりさんたちよ、このやり方オススメです。身内ほど強いものはいない。

 

ただ、基本的には「信じてない」ので、私の肩甲骨の痛みを霊的なそれのせいだと言い切ることはしたくない。 

 

 

かと言ってじゃあ私今ウツ状態だから背中痛えんだな!とも思いたくない。

ウツになったらじいさんを頼れない。

でも自分で戦うには 奴は強すぎる。多分挑まれたら負ける。

 

ウツと霊的なやつ、どっちが怖いか。

 

 

ウツはおばけよりもあっちに行ってくれる感じがしないから怖い。

一回きちゃうと、結構な時間一緒にいることになりそうだ。こえーよ。

ウツて頑張り屋さんがなるんでしょ?素質ねえわ!とか思って暮らしてきたが、

先日親戚の医者にそういうのあんま関係ないからと言われたときから

普通にビビッている。なんだ、じゃあみんな素質あんじゃん。って感じだ。助けてじいさん。

 

 

いよいよ怖くなってきた。そもそも2択にしたのが悪いのだ。

さっさとシップを肩に貼って眠ろうと思う。これは疲労!これは疲労!!

熱が出ると暗い気持ちになりませんか

久しぶりにめちゃクソに体調が悪い。ていうか、熱。

 

 

最後に発熱したのはいつだったっけかと思い返せば、

そういえば毎年春に花粉アレルギーで発熱を起こしている。

その割に今回の発熱は久しぶりの感覚であった。これは花粉ではない何かである。何かっていうか、まあうん、ウイルス。

 

やはりウイルスと花粉だと、同じ発熱でも辛さが違う。

ウイルスと戦うため間違いなく熱が出ているし、

ゾクゾクする。あとすこぶる眠たい。

まあ眠いのは私が3連休に調子こいた結果、一瞬で昼夜が逆転し、

まるで大学生かのように連日深夜3時まで寝付けなかったからである。

今朝からは一度咳こんだら最後、5回は連続で重たい咳が出る。

顔真っ赤になっちゃうやつね。公共の場でやると嫌な顔されるやつね。

あとなぜか暗いことばかり考えてしまう。

特に未来のこと。未来が暗いってどういうことだよ!!!

 

 

でも最近は私このままどうなるんだろう、、、というどうしようもない不安感がぬぐいきれず、

今後の皮膚の劣化、精神疲労、視力低下、ご近所付き合い被害などあらゆる妄想が繰り広げられてしまう。

最終的に老後困らないために虫歯をまず治そうというところに着地するのだが、

今は発熱中で特に暗い気持ちになっているので、

とにかくゴジラ的なものが世界をすべて終わらせれば虫歯もクソもないのでは、、、?というヤバい宗教的な発想にあやうく着地しそうになり、あぶねーところである。

こうやって人は苦しいと極端な思考回路になるのだろうか。

 

 

だいたいどうしてウイルスにこんなに苦しめられているのか。 

それが腹立つし、なんだか治る気しかしないのでいつも病院に行かないのだが、

今回はかれこれ先週末からのお付き合いであるので、今日で5日目くらいだ。

子猫ならそろそろ目があいてきた頃かしら。

恋人ができたならいちいち連絡を取っている頃。

新学期、新しいクラスにようやく慣れてきた頃。

私未だにゴジラが来る妄想をして安心している。虫歯を治療しなくてすむから。

 

 

一方で花粉は避けることができない。

花粉による発熱はもう1日中ただボーっとするしかなく、もうなにも考えられない。

別に暗くもならない。これが無か?瞑想ってやつ?結局発熱がどう転んでも宗教くさい着地になるのが笑える。

 

 

なので春はとにかくゴジラ襲来を期待することしかできない。